ポチッとヨロシク♪

無料ブログはココログ

« 許せない発言 | トップページ | 管理団体からの謝罪文 »

2015年8月31日 (月)

コミュニケーションを取る為の基本だから

正しいコミュニケーションを取るために欠かせないものの一つに読解力がある。
言葉にしろ文字にしろ、お互い言いたい事をキチンと相手に伝える為に不可欠だが、どうやらこれが全く分かってない当事者もいるらしい。

私は仕事上、言葉だけでなく後から確認が出来る様に行動の順を追ったメールを出す。
資料添付の際も同様に。
資料は印刷をし、何時でも手に出来る様に送った順にファイリングをするように、そして査定の時や自分達だけでトレーニングをする時にはどの資料を見るか指示を出す。
何か分らない事があれば営業時間内に連絡を、とも伝える。
だが、他力本願なのか内容を把握出来ないのか、査定やトレーニングまでに時間的猶予は十分確保してあっても用意をしていない方がたまにいる。

お子さんを解放した後、親御さんと準備面はしっかりと前以て終わらせて頂きたいとメールでもお電話でも伝えてありましたが、どうなさいました?と尋ねてみると

「そんなに重要な事と思わずにいました。」←勝手な自己判断

「まだ余裕があるからと思っているうちにすっかり忘れていました」←先の見通しが立てられない

という返事が来る。
見ながらやってくれないと手順が身に付かないと注意書きまで付けましたがcoldsweats02

一番意表を突かれたのは

「あっ、資料ではなくメール内容を印刷していましたsign03Σ( ̄ロ ̄lll)なんも言えんがな

ご自分でもそんな弱点は分っていても、なんとかなって来た場合は逆に

「読解力やタイミングってそんなに必要なんでしょうか。」

ときょとんとした声で聞かれる。 必要ですとも、ええ、絶対に!

お互いの意思が通じなくて何が出来るというのです?
今迄なんとかなって来た、と思っているのは実はあなただけで 周囲は非常に大変だったかもしれませんよ。
要求されていることを正しく理解し、何時までに何をするか判断&計画を立て、行動に移すことは社会で生きるには欠かせません。
しかも期限内に終わらせることが求められる訳ですから、タイミングを掴めるようにしないといけないんです。
タイミングと言うと「sign02」と思うでしょうが、日本語にもあるように『間』の事です。
なので遅くなったり求められていない時にそれをやると『間抜け』と言われるでしょう。

そこまで話してやっと、ああ…と納得される。

お子さんがいればschoolhospitalでのやり取りが当然あるでしょう。
その時に準備が滞っていたら困るのはお子さん自身ですよ。だから、余裕があると思った時にこそ行動してください。終わって初めて本当の余裕が生まれるんです。

「私、今迄そそっかしいからだと思っていたんですが根本の考え方が違っていたのです 
ね。確かにそうです、意思疎通がなくては自分がいつまでに何をしなければならないのか分かるわけありませんものね。」

コミュニケーションの元だからこそ社会に生きる皆にとって最重要なのです。
お母さんもそれを理解されたのですから一緒に頑張りましょうね、と。

未診断でも怪しいな、と思える人は多くなっている。
診断の有無に関わらず悩んだりしている人には是非、この点を自覚して貰いたい。
成人でも診断後の療育を受けられる場所が増えれば、きっと軽減していく事なのだろう。

日本が早くそんなふうになってくれることを祈るばかりだ。

« 許せない発言 | トップページ | 管理団体からの謝罪文 »

発達障害」カテゴリの記事

コメント

読解力の無い息子を持って改めてその大切さが身に沁みる毎日です(笑)理解出来ていないのにわかったふりをする息子は宿題の勘違いや書類の出し忘れが物凄い。でもラッキーな事にアメリカは宿題を先生達のwebサイトに載せてくれているので印刷してなんとか難を逃れている状態です。でもこのサービスに慣れちゃダメよね、と冷水をかけられた気分になりましたw ありがとう!ちゃんと身につけないと将来困るのは自分だものね。
それにしても意思が通じない人がそんなにいることが驚きです。瀬津喩さん、いつもお疲れ様です。そのお母さんがしっかり考え直してくれるといいですね。

Q,ちゃん、コメありがとうhappy01
いやいや、それでもQちゃんやダーリンさんを始め学校サイドも息子くんの
育成に力を注いでいるのだし、まだ子供だもの。
良い環境にいるといないとでは天と地の差が出てくるものよ。
特性に対する対処の仕方なども全く変わって来るからね。

今回は当事者だけでなく保護者の方も気を付けて欲しいのと、気付きがどれ程
大切か知って貰いたくて…
当事者=子供なら親の教育の在り方でその後が左右されるから。
この場合の教育は療育を家庭に上手く取り入れ教育が出来ているかという事ね。
特性に胡坐をかいたり自己愛性人格障害なのか、人をやたら攻撃したりするように
なったら周りがどれくらい迷惑するかネットを通してちょっと思い知る事がcoldsweats01
正直ウンザリしたの。ネットの匿名性もあるとはいえ、こういう方が多いんだろうな、と。
自意識過剰で被害妄想で…そうなるバックグラウンドがあったのだろうけど、周りには
関係ないじゃない。
他人をストレスの発散に使うなんて最低だもんね。

この記事へのコメントは終了しました。

« 許せない発言 | トップページ | 管理団体からの謝罪文 »