ポチッとヨロシク♪

無料ブログはココログ

心と体

2014年1月17日 (金)

保護者の皆さん、質問です!

来週チビ達2学年は、校外学習として班別行動で東京ツアーズを行う事になっています。
終業式にやっと登校出来たチビはその時初めてそれを知り、担任には「体調次第で参加」
の旨伝えて来たと言います。

先日担任が詳しい予算と予定表・メンバーをFAXで流してくれました。
ま、行き先とメンバー、交通費はともかく…

私「coldsweats02ちょい待ちっsign03 サラリーマンがワンコインでランチをする時代に、子供がランチに
   
2,000円sign02 金銭感覚おかしかないか」

チビ「はいぃsign02 アイツ等バカじゃねーの?ありえないだろ、ガキの分際でっsweat01

とにかく急いでお店情報をWebで検索。
名前からして嫌な予感。なんか飲み屋っぽい…バーとかバルとかに有り気な…
そして見つけたお店のHPには―

「おーいチビ。ここワインバーwineだぞぉ。アラカルトでランチをするのにこれだけあれば良い
か、のノリで店決めたな。」

「げーっ、店構え明らかに夜night向きじゃん。ダメだろ こんな所!先生に電話するっsweat01

放課後チビが直接聞くと言って、FAXのお礼と共にお店の事を聞いてみました。

ちょっと背伸びをしてみたいと言っていた事と店に予約を取ると言っていた事を担任
は子供達から聞いてはいた様でしたが、詳しくはご存じなかった様子。


「班の子達に詳しく聞いてみるよ」

と言って電話は切ったらしいのですが…
てか、学校行事なんでしょ?
子供達だけで行動になるんでしょ?
中学生として適切かどうか、確認する必要はあるでしょう?
それに普通に登校していれば2学期中には予定と予算、メンバー表が手紙として保護者へ
渡っていたハズ。
他家の親御さんたちは、子供達が入るに相応しい店かどうか調べないの?
(プリントを渡していないという事は十分あり得るけど)

店の雰囲気にそぐわないような客は店としてもYESとは言わないはずだけど…
他のお客さんもきっと違和感バリバリ感じるハズ。
どう見ても学ラン・ブレザーに白のスニーカーなんて中学生だものsign01

分かるよ、大人っぽい所に憧れる年頃だし。
けどね、だからこそ襟を正す必要もあるの!何かあってからでは守れないから!


「ウチがうるさ過ぎ?」

と思わずチビに確認してしまった私。

「いや、普通の判断だと思う。他の家知らないからcoldsweats01

だよねぇ(笑)
でも居酒屋ランチだって子供だけでは行かせないでしょ?


「高校生まではファミレスか家庭的な個人店で十分じゃない?
こんなshineキラッキラshineしてる店、大学生且つバイトしてからで良いよ。落ち着かない。」

と言ってくれるチビにホッとする反面、精神的に幼く常識的な判断より興味優先の子供達
に、フリーハンドを与えるより締め付けとも監視とも言われる事が必要な時もあるんだと実感した瞬間。
The思春期!心と身体のアンバランスさが怖いwobbly
無事に行って帰って来てくれると良いんだけどなぁ。

これを読んだ保護者の皆さん、社会人の皆さん。
皆さんの子供だったらどう言いますか?
客観的に中学生がランチタイムとはいえ、そういう店に入る事自体どう思われますか?
やっぱり時代、なのかなぁ?????????

【追伸】
チビはお店の事を知ってから行く気がすっかり失せてしまいました。
友達と行動するのは良いんだけど、僕こんな店イヤだ~shockと言って。
どうせ体調が悪いから大丈夫、行かないで済むnote とか言っていますが、心の中で
行けと言えないでいる私です。なはは^_^;

2013年9月23日 (月)

障害者との対等な付き合い方

アメリカのブロ友さんが、また素晴しい動画をご紹介してくれました。

これは某有名なビールのCMなのだけど、内容が感動すら覚えるもので…
彼女曰く

『席を譲ったり奉仕をしても“親切の中に施し”が混じっている。難しいがそれで良いのか?』

ボランティアや街中で困った人を助けてあげられる人ってとても素晴らしいけれど、“対等”という意味ではどうでしょうか?
人に親切にしてあげられた。気分いいなぁupという感想を持った時点で それは立派な上から目線であり、決して対等ではないんだという事です。

一人の人間として当たり前のことを当たり前の様にする”時は、特に感想などある訳がなく、サラッとスルーして行くものです。
だってそれが当然なのですもの。
正直コレを観た時は カルチャーショックを受けた気がしました。
頭をガーンと殴られた感じ、というのかな。

どうかこの動画を観て何かを感じて下さい。

2011年2月11日 (金)

悩みは多けれど

おはようございます。長らくお休みを頂きましたo(_ _)oペコッ

続きを読む "悩みは多けれど" »

2010年10月30日 (土)

反抗期と発達障害

いつも先を見て良かれと思ってアドバイスをしても、言われた方にしたらタダ指図をされる・自分のテリトリーに踏み込まれる感があり、素直に聞けない事があります。

続きを読む "反抗期と発達障害" »

2010年9月30日 (木)

理解を得るには

周囲に告知をして、理解を得られなかったらどうするか心配される親御さんやご本人がいますよね。言ってみなきゃ分からないことである分、不安になるのも分かります。

続きを読む "理解を得るには" »

2010年9月27日 (月)

ペアレント・メンター

自分で発達障害児を育てた経験を基に、告知を受けたばかりの子の親御さんに対して相談を受ける人達のことで、今年度から厚労省が講習会を始めています。但し、人口50万人以上の指定都市のみで!

ていうか、情報が行渡ってなさ過ぎじゃありませんか?講習会を開催しているセンターの方が「来年に向け、見直す箇所が多い。」と仰っていました。

続きを読む "ペアレント・メンター" »

2010年9月26日 (日)

親の気持ち

おはようございます。応援メールを下さる方々に励まされながら頑張っています。heart04

今日は告知を受けた後の親の気持ちと接し方についてちょこっとお話したいと思います。

誰でも自分の子供が「障害がある」と言われればショックは隠しきれませんし、それが当たり前です。否定から入る方もいるし、ただただ不安に陥る方もいます。

どう養育すれば良いのだろう・学校や就職等の将来はどうなるんだろう・社会に自立できるのかetc・・・何も思いつかない程打ちのめされる方も当然いらっしゃいます。

続きを読む "親の気持ち" »