ポチッとヨロシク♪

無料ブログはココログ

発達障害

2016年1月 5日 (火)

サプライズパーティー出来たらなぁ!

           fuji 明けましておめでとうございますfuji

昨年はあまり更新出来ず、今年も変わり映えはしないと思いますがこれからも宜しくお願いしますo(_ _)oペコッ

今年は懐かしい方からのお年賀もあり、親子して嬉しいお正月休みを過ごすことが出来ました。
その中で、小学校時代チビが通級でお世話になった先生が3月で退職されるとのことで年月の速い流れを実感しました。

本当に何も分らぬまま、とにかくお任せしつつhouse教育の方針とschoolでの情報交換を頻繁にし、双方で見守り続けた1年生の頃から成長したねと言われた2年生までの2年間ではありましたが、濃い時間を過ごさせて頂きました。
移動してきて発達障害やチビの特性と性格を無視した指導ばかりの担任とのいざこざも、この先生がいてくださったからそれなりに乗り切ることが出来ました。
また通級併設校だったこともあるでしょうが、全教員がチビの事を知り・理解しようと努めて下さったのもこの先生のおかげでした。
それに私が先生の指導法を学ぶことに対し喜んでご協力頂けたことが今の仕事で親御さん支援のコアになってもいますので、本当にどれほど感謝しているか分りません。

ただ残念なのは…この頃子供達を通して一緒に頑張ってきたママ友達と連絡が取れなくなっている事。
通級を卒業すると各自の地域での生活がありますから自然消滅も致し方ないのかなとは思うのですが、こういう時にこそ先生へ感謝をこめてサプライズパーティーをやってあげられたらな、と思う訳です。
当時ちっこかった子供達もそれぞれ成長しているので、先生に合わせてあげられたらなぁという思いもあります。

何とか連絡が取れないものか頭を捻っていますが、Twitterで呼びかけるのが関の山。
ご本人にバレない様に、バラバラになってしまった人達をまた結び合わせることが出来るのか…
せめて先代のpcからデータを取りだす余裕があったら良かったのにcrying
住所録ごとデータが飛んでくれたからなぁ、と悔しい思いでいっぱいです。

こういうやり方がうまくいったよ、とかアイデアがあったら教えてくださいheart04

2015年8月31日 (月)

コミュニケーションを取る為の基本だから

正しいコミュニケーションを取るために欠かせないものの一つに読解力がある。
言葉にしろ文字にしろ、お互い言いたい事をキチンと相手に伝える為に不可欠だが、どうやらこれが全く分かってない当事者もいるらしい。

私は仕事上、言葉だけでなく後から確認が出来る様に行動の順を追ったメールを出す。
資料添付の際も同様に。
資料は印刷をし、何時でも手に出来る様に送った順にファイリングをするように、そして査定の時や自分達だけでトレーニングをする時にはどの資料を見るか指示を出す。
何か分らない事があれば営業時間内に連絡を、とも伝える。
だが、他力本願なのか内容を把握出来ないのか、査定やトレーニングまでに時間的猶予は十分確保してあっても用意をしていない方がたまにいる。

お子さんを解放した後、親御さんと準備面はしっかりと前以て終わらせて頂きたいとメールでもお電話でも伝えてありましたが、どうなさいました?と尋ねてみると

「そんなに重要な事と思わずにいました。」←勝手な自己判断

「まだ余裕があるからと思っているうちにすっかり忘れていました」←先の見通しが立てられない

という返事が来る。
見ながらやってくれないと手順が身に付かないと注意書きまで付けましたがcoldsweats02

一番意表を突かれたのは

「あっ、資料ではなくメール内容を印刷していましたsign03Σ( ̄ロ ̄lll)なんも言えんがな

ご自分でもそんな弱点は分っていても、なんとかなって来た場合は逆に

「読解力やタイミングってそんなに必要なんでしょうか。」

ときょとんとした声で聞かれる。 必要ですとも、ええ、絶対に!

お互いの意思が通じなくて何が出来るというのです?
今迄なんとかなって来た、と思っているのは実はあなただけで 周囲は非常に大変だったかもしれませんよ。
要求されていることを正しく理解し、何時までに何をするか判断&計画を立て、行動に移すことは社会で生きるには欠かせません。
しかも期限内に終わらせることが求められる訳ですから、タイミングを掴めるようにしないといけないんです。
タイミングと言うと「sign02」と思うでしょうが、日本語にもあるように『間』の事です。
なので遅くなったり求められていない時にそれをやると『間抜け』と言われるでしょう。

そこまで話してやっと、ああ…と納得される。

お子さんがいればschoolhospitalでのやり取りが当然あるでしょう。
その時に準備が滞っていたら困るのはお子さん自身ですよ。だから、余裕があると思った時にこそ行動してください。終わって初めて本当の余裕が生まれるんです。

「私、今迄そそっかしいからだと思っていたんですが根本の考え方が違っていたのです 
ね。確かにそうです、意思疎通がなくては自分がいつまでに何をしなければならないのか分かるわけありませんものね。」

コミュニケーションの元だからこそ社会に生きる皆にとって最重要なのです。
お母さんもそれを理解されたのですから一緒に頑張りましょうね、と。

未診断でも怪しいな、と思える人は多くなっている。
診断の有無に関わらず悩んだりしている人には是非、この点を自覚して貰いたい。
成人でも診断後の療育を受けられる場所が増えれば、きっと軽減していく事なのだろう。

日本が早くそんなふうになってくれることを祈るばかりだ。

2015年8月28日 (金)

許せない発言

今日の早朝、まだ暗い時間に目を覚ました私はmobilephoneでTwitterを見ていました。
フォロワーさんがRT(リツイート:誰かの発言を自分のタイムラインに載せる事)していた発言に驚きとともに激しい怒りを感じました。曰はく

発達障害当事者の子供を持つことに関しては色々意見はあるけど、
産む派の人は精神・人格障害を併発していない幸せな方の発達障害者。
でなければ、もともと自己肯定感が高くて理想のステータスが低かった人か、低脳

はぁぁsign02 コイツ何バカぶっこいてやがるっ怒怒怒怒怒怒

発達障害者であっても親になる権利はあります。親になったら責任を果たせばいいだけの事であって、独身で親にもなっていないドアホにそんなことほざかれる覚えはねぇsign03angry

この文面からは

  1. 発達障害者で出産するのは頭がお花畑
  2. 発達障害当事者の妊婦に対する侮辱

以外感じられず、カチンときた私も大人げなかったのですがコメント付きでRTしました。
だって親になって大変な思いをしつつ頑張っている親子は沢山いらっしゃるのに、ひとからげにして侮辱しているんだもの。
そうしたら相手が私のRTに対してRTをしてきました。曰はく

『なんか意味が分からない批判を受けたんだけど。差別も批判もしてないし、フォロワーからは何も言われておらず真意が分からない人に批判される覚えはないんだけどなぁ。理論的に言ってくれなきゃ私分らないんだけど』

それに対する私の返信は
『ではあなたの真意とは?文面からは出産する当事者への侮辱しか読み取れない。』

で、それに対する返信が
『言っても無駄な方なのかな』

annoyannoyannoyお前が単なるバカな非常識なだけだろうがっannoyannoyannoy

あーっbombもうこいつみたいに発達障害に胡坐をかいてるやつって単に腹立たしい存在でしかないんだわ、マジで!
こういうのが世間に誤解を与え努力し続けてる人達の足を引っ張るのよねpunch

『真意がないからそうやって逃げる。読解力も常識もないあなたこそ哀れな人だね。
さようなら。』

を返しました。本当は罵詈雑言ぶちまけてやりたかったけど意味が分からないのでは言っても無駄だし。

発達障害で一括りにされるのも問題なんですよね、こういうケースは少なくないから。
大人になっても、いや、大人世代だからこそ診断を受けるチャンスがなかった人がいて、
そういう人が自分では何も気づかぬまま結婚妊娠して生まれた子に診断が下りるから。
でもね、未診断で特性を持っている人は正直何かしら仕事でもやらかしているはずなんです。
余程良い会社でフォローが出来ているのか、コイツをアテにするな、なのかは分りませんが、他人の態度から気付ける人はしっかり気付き対応しているものです。
それすら出来ない視野の狭い自分勝手な中で生きている場合は、こういう仕事をしていても思ってしまう社会の邪魔だと。

注意をされても言葉だけだとWMに残らないだろうと文面やメールにしても、自分へのアドバイスだと思わずに反発をして来る保護者もいます。
そういう人はIMトレーニングのルールも守らずいい加減なトレーニングを子供にさせ、時間もお金も無駄にしています。
それで私から苦言を受けては文句を言う、の繰り返しになる訳です。

特性は様々でも社会で苦労をしている者同士、どうやったら失敗を繰り返さず自信を持って生きていけるかの話なら分かります。
けれどこのような自分勝手な中で生きておきながら侮辱発言をするのは人間として許せません。
みなさんはどう思われますか?

2014年11月18日 (火)

諦めないよ

夏休みに息子をトレーニングさせたいと申し込みをして下さったご両親がいらした。
本人がどうしてトレーニングしないといけないのか状況判断より親への反発が先となり
査定は改めて、ということになった。
最近、思いつめた声でお母さまからご連絡を頂いた。

「あれから非常にまずい状況になってしまって、もう後がないんですsign01

と相当に焦っておられた。
チビより1つ下の息子君に違和感を持ったご両親がWISK-Ⅲを受けさせたという。
診断名はつかなかったが、やはり問題点は発達障害特性と同じだ。
最近スクールカウンセラーに結果を見せたら

「これだけ差があったら、本人は相当辛かったでしょうねぇcoldsweats02

と非常に驚かれてしまったらしい。
診断が出なかったことで本人も親も気持ち的には『なぁんだ、何ともなかったじゃないか』
と思っていた点は否めず

「普通の子と同じようにしたくて厳しく当たってきてしまったことも今の状況を作った要因」

とカウンセラーと話してやっと気付いたんだと仰る。

「プライドが高すぎるんでしょうか。一切何があって何に困っているのかすら言葉にしてくれ
なくて…学校でも相当キツイ言葉を友達や教師から言われ続けていたらしいのです。」

と困り果てておられる。
私学の中学に通っているのだがそこでも色々あり今親子を追いつめる状況になっている。
スクールカウンセラーに話すのはあくまで最終手段、と思っていた保護者。
最近やっとアクションを起こし始めたが既に息子君の心は頑なになってしまっており、何を
言っても受け付けない状態にまで陥ってしまったのだと。

学校もうまくいかず八方塞がりになっているが、本人が殻に閉じこもっている状態で、どうしたらいいか親も分からないんだと涙を流された。

親子とも苦しい、非常に辛い状況になっている。
それでなくても理解が進まない発達障害だし、まして診断がない事が裏目に出てしまった。
診断がないと療育など受けられないことが多い(自治体によって対応に差がある)。
ましてや多感な中学生ともなれば上手く出来ない自分への苛立ち・暴言を受けての自暴自棄や自己卑下など、色々マイナスの中で殻に閉じこもってしまったのだろう。
受験をしたことも親のせいにし、親が勧めるものはとにかく反発で返す…

「初対面だとアウトプットに時間ばかり掛る子なんです」

なんとか話させようと必死で息子君に食い下がっていく。←Skypeで見ている前で

「あんた何も考えてないでしょ!黙ってれば終わると思ってるんでしょ!!」

「きちんと先生が質問されたことをお話しなさい!自分のことでしょう!!」

あ~、こりゃ逆効果だわsweat01
軽い質問でなんとか話しがポツポツとでも出来ればいいか、と思っていたんだけど、これは
追い詰めるだけになっちゃうなぁ。

ふと立ち上がった息子君、部屋を黙ったまま出て行ってしまったcoldsweats01
お母さんは追いかけ向こうで責立てている。
やめさせたい、けどSkypeじゃ声がそこまで届きはしない…戻ってきてくれ~~~sign03

少しして戻ってらしたお母さんから心を解していこうと話をした。
子供だってプライドがある。診断がつかなかったことで自分は普通だと思ったが、何時までも上手くいかず、学校では周りに責立てられ、家に帰れば親がなんとかしようと厳しく接するうちに自尊心が傷つき、混乱しつつも打ち明けられない状況に疲れ果ての結果であることは間違いないと思うと。
先ずは凝り固まった気持ちと心を解さない限り、新しいことに目は向かないことも。

「それと親のプライドは捨ててください。診断がなかったことが裏目に出てしまったのは
本人だけでなく親の言動にも表れてしまい、現状要因の一つになったのだから。
先ず追い詰めてしまったことへの謝罪はきちんとしてあげてください。絶対にsign01

「―はい」

「でも診断がなくてもこういう特性を持って生まれてきてしまったことは認識させる必要が
あるので、そこはしっかりお話をして一緒に頑張っていこうって、大好きだって伝えて。
辛いけど親は動じず、ドンと構えることが必要です。出来たらムギュっと思いっきりハグ
してあげて下さいhappy01

「なにするんだっって蹴られます(笑)」←ここでやっとお母さんの笑顔が登場heart02

「痛てぇなって軽く蹴り返せばいいんです」

今度本人と親、教員達とカウンセラーと話をすることになっているという。
スクールカウンセラーの言うことは心に入りますか?と尋ねると、学校の関係者だから
大丈夫だと思う、との返事。

「私はまだ諦めてないんです。あの子自身が力を出せるようになるまで頑張りますshine

私もsign03 諦めるなんて性に合わないし、母親はしぶとくしつこいですからねup
チビの反抗期だって相当なものだったけど、真正面からぶつかって行ったんだから!
世間では取っ組み合いと言うかな。わはは☆

「落ち着いたらご連絡をください。私もしっかり向き合いますから、逃がさないよ~ってお伝
え下さいねhappy01

最後は笑顔でSkype終了。
まだ先は長そうだけど、いつか一緒に頑張れる時が来ることを祈って―
頑張れ、親御さん! 頑張れ、息子君!一人じゃないからねwink

2014年6月27日 (金)

視点を変えて強みにする

今Twitterのお友達と話をしていて思い出した事があります。
遡る事4年前、当時小4だったチビの『プロセスよりも結果を求める』姿勢にありました。


「チビ君はとにかく結果をすぐ出したがるんですよね~dash

 

と保護者面談時に通級担当教諭がため息交じりに呟いたのです。
テストはケアレスミスが多い・話し合いや授業中も発言が多いのは良いけれど
急ぎ過ぎ
の面が気になるんだ
と担任が気にしていたのだとか。
私は「結果は後からついてくるからプロセスを大事にしろ」と言い続けてきたのをご存じだったのもあり悩まれていたのでした。

 

これからを考えると途中を大事にして欲しいよねという意見で一致。
どうやってそこを直していくか考えましょうという事になりました。
夕方帰宅したチビに面談の報告とその姿勢に関して話をしました。

 

「どうせ出すものなら早く出した方が良いじゃん。必要なのは結果なんだから」

 

ホームルームでの話し合いにしても良い結果が出れば早く終わるし、テストもそうだと。
何をするにしてもスピードは大事じゃないか、と。

 

ただし急ぎ過ぎるあまりのミスは勿体ない事。
いきなりの結果は皆の意見を知るチャンスも潰す可能性が大きいことや、勉強でも話し合いでも途中経過を知ることでより発展することもあるんだから自己完結してはダメだと言い聞かしたのでした。
後日それを踏まえ 通級担当と一緒にあれこれ考えていた時でした。

 

「あっ、とりあえずケアレスミスに関してはどうにかなるかもup

 

先生曰はく(煽られていない時に)急ぐというのはある意味やる気は有る訳だから、そこは
潰したくない。
何を求められているのかの認識をしっかり持たせることでカバーが出来るはずだと。

 

「設問を読んでから本文を読むと答えが探しやすくなりますよねhappy01

 

「あ、確かにsign03 算数も問題で混乱する前に目的が分っていれば解きやすいですねhappy01

 

「ひっかけが多いから こういうお子さんたちはまんまと嵌るんですよ。純粋だという事なの
ですけどね」

 

成程でした。さすがは先生shine
視点を変えれば直したい特性や性格を逆手に取って強みに変えられるという事です。

1.設問の後に本文を読み答えを探す
2.少し考えて答えが分らなかったら先に進み、最後にもう一度トライする
3.もし時間が余ったら答えの欄が間違っていないか・記名はあるか全体を見直す


事をゴールデン・ルールにしました。
以来チビは大抵のモノは80点以上を取ってくるようになったので有効ということです。
(なのに不登校でテストを受けられなくなり成績が付けようもなくなってるなんてdown)

 

PTA役員をやって分かったことですが 中学になるとプリント類を親に出さなくなり、親は
何も分らないという悩みが出るそうです。
大事な連絡だと本当に困りますよねっshock
そこで我が家では、どうせ科目ごとのプリントも整理整頓が苦手なら鞄をひっくり返し

 

1.親に渡すプリントと教科のプリントを分ける
2.親へ渡したら教科のファイルに資料のプリントを挟む
3.ついでに鞄内を乾拭きでキレイにしておく←モノを大切にする心育として

 

をルールにしています。
プリント類は授業中に配られるのではなく帰りのホームルームにドサッ☆と配られるので
ノートに挟んでいられない、という事実があったからですが。
鞄に突っ込まれてきたプリントは折れ曲がったり破けていたりしますが、取敢えず
行動の
習慣化が狙い
なので口うるさく言わないようにグッと我慢ですcoldsweats01

 

あ、そうそう。
褒め殺し作戦は有効に使うと自主的に動けるお子さんになります。
特に発達障害児は褒められること・認めて貰えることが小さな成功体験となり自信の基
となるのです。

 

褒めるのが苦手、というのなら

 

「(プリントを渡された後)はい、ありがとう。最近ちゃんと渡してくれるから必要な情報が
分って助かってるのよnote

 

でも良いんです。
プライドこちょこちょ作戦、結構効きますよwww
大げさにではなくお互い気持ちがいい程度でお試しあれgood

 

 

2014年5月31日 (土)

失敗したそのあとに

普段から注意されることが多い発達障害児(者)は、自信がないために失敗をすると見た目
以上に落ち込み、なかなか浮上が出来ない。
ただ一生懸命やってもピントがずれていたりするだけなんだけど、ルーティンワークだったりするとやはり周りの迷惑にもなるわけで…
ちょっと言葉掛けの仕方が違うだけで受けるショックは随分違うのだけど、いかんせん
『発達障害者当事者の扱い方』に個人差があり、特性に理解がないケースがまだまだ多く
本人は暗い気持ちと傷ついた心を引っ提げたままとなる。

一生懸命取り組んだものであるならどこら辺が間違ったのか、大事になる前にどうすれば
良かったのかなどの“振り返り”&“気付きと対処のノウハウ”をその都度話し合ってあげる
だけでもスキルは上がっていくもの。
それらが一度に全部は出来ないとしても小出しだって良い、成長を見せられれば。

Twitterである方が

「何故そうなったかよりどうしたら良いか」を教えた方が良い。

と仰っていたがそれはどうかと思う。
Whyが分からずにHowが出て来ることはない
違ってしまった点を大まかにでも理解する事で次にやる時は気を付ける事が出来るのだ。

発達障害児(者)だけでなく、健常者でも性格的にそそっかしい人というのはいる。
その人が同じようなミスばかりをしていたら周りはどう思うか。
本人も前を向くための反省や気付きを大切にしないと進歩はしまい。
大切なのはミスを責めるのではなく導いてあげる事。
決して大仰なことではなく日常の小さなことの繰り返しに基本はあるのだから。
それが受け入れ・支援することになるのだ。

2014年5月 8日 (木)

親ばかり動いても意味がない

発達障害児を持つ親は、誰もが経験をする『子供を理解していない』感を毎年この時期
感じることとなります。
昨年度良い先生に担任になってもらっていたとしても今年は分らない・移動してしまった・
全くの無知だった…etc.の激動シーズンだと言っても良いでしょうね。

よくschoolに何度も要請を出しても『資金不足』『人手不足』という鉄板口実を出され、凹んで
帰って来たのよというお母さま方のグチも聞きます。
とくに軽度発達障害児の場合、こういうことが起きやすいのではないかと思います。
先日のチビの担任とのやり取りでもそうでしたから。

元々力のある軽度の子供たち。
外見でも分からない・良い時は周りにも認めてもらい存在感が増す訳ですから。
けど陰湿なイジメに対抗出来ない(苛められている実感がない時もある)場合

『あれ?なぜこんなに悲しいのかな (;´д`)トホホ…』

『登校しようとすると眩暈がする…気持ちが悪い (;´Д`A ```』

『イヤだ…外が怖いよぅ (p´□`q)゜o。。』

と表面に出始めるものの言葉で説明がつかないまま不登校になるケースがあります。

親も多忙な世の中です。
子供に寄り添う気持ちはあっても見られる時間が少なかったり余裕が無かったり。
体調不良になってからあれこれ原因を探り見つけても、時すでに遅しなんですよね。
恐怖心や疑心暗鬼で家から出られなくなってしまった現実の前では。

ただ逆説を敢て言うと、どういう事が嫌だったのか・その時誰かに相談したりしたのか確認を取ることで集団の中でどう子供が踏ん張って来たのかが分かります。
そして子供にも認識をさせることが出来るのです。

ウチはイジメ=心が病んだ人間のすることだと教えてきました。
なのである程度チビ自身が気にしないようにすることも出来たし、あまりにしつこい場合は自分から周りに発信することをしてきました。
それによって一時的にでも環境がどう変わるかを実体験し、成長の糧に出来ました。

自分から発信をするという発想がない軽度の子供がいます。
親がそう教えていない・教えられないという場合もあります。
とはいえ子供を思う親ですから我武者羅に動く→上記の鉄板登場の繰り返しに、親も
疲れ果て体調を崩していきます。
でもちょっと待ってくださいね。
子供自身が出来る事をやらせていないケースの場合、親ばかりがやたら動いても仕方ないことがあると気付いていますか?
安全な環境=レールを作るだけではダメですよね。
子供自身で立ち向かう強さを身に付けさせないままでは社会でやっていけません。
自ら考え悩み行動することを先ずは親としてやらせるべきです。

行政はすぐ鉄板を出しては拒否権発動してきますが、こちらとしては無理をせず出来る範囲でどこまでなら可能かを知りたいのです。
その上で子供の特性からこの支援が必要だとハッキリしているなら折り合いも付けられます。
端からやる気がないのか、本当に厳しいのかの見極めです。

例えば別室を用意されても広い教室にポツンと机が置かれた状態では逆に落ち着かないでしょう。
それに先生が誰もつかないのでは追い詰めるだけです
←チビも断固拒否をした経験有
よく自閉症や多動のお子さんが狭いところに入り込んで落ち着いたら出て来ることがありますが、まさにアレなんですよね。
ワサワサ・ガヤガヤ騒がしい所もダメならシーンと静まり返り一人ぼっちでいるのもダメなんです。個人差はありますけどね。
段ボールをばらして仕切りと棚を作っただけでもいい、彼らにはナチュラルディスタンスというか安心できる空間が必要なんです。ただそれだけsign03
ね?お金なんていらないでしょ。
あとは手の空く時間というのが誰かしらあるはずだから、そういう人をその時間別室にいて貰うようにすればいいのです。
忙しい時はドアに『今日は多忙につき先生はいません』のプレートを掲げておく対処もok
人のやりくりなんて民間は何処でもやってますし、家計はいつも遣り繰りです。
行政だけがそれを許されるのはおかしいのです。

アイデアは行政と教育機関と保護者が出し合えば何とかなるもの。
と同時にお子さんの精神的自立教育を親御さんは頑張ってみましょう。
(今回は軽度のお子さんの場合です。悪しからずm(_ _)m)

2013年7月25日 (木)

親子受診の勧め

今月初め、こういう記事が出たのを覚えていますか?クリック★

原因は突き止められてはいませんが、先ず遺伝的要素はあるというのが常識です。
現実を認識し、家庭内のサポートを強化するには この方法はありだと思います。
夫婦間で責任の押し付け合いになるのでは本末転倒ですが…

ウチは前夫とその母親がそうでした。
今だから分かる事です。

  • 自分の主張しかしない
  • 挨拶がろくに出来ない
  • 人間関係も作れない
  • 常識がない
  • 時間が守れない
  • ひとつの事が続かない(仕事もannoy 無職と転職ばかり)
  • それを隠す様にプライドだけは高く口は達者sign01

おかげで何度キレたか分りませんでした。

「親が非常識だと概念も育めないものね!あんたはエエ格好しいばかりで責任一つ取った
事がないじゃないかannoy 楽で良いわね、自分のことばっかり言ってりゃいいんだからbomb

になる訳ですよ、本当に。
けれど『発達障害』という言葉すら知る由のなかった時代です。
親が躾られなかった人なら時間が掛かっても私と実家で何とかしてやろうじゃないか、と
メラメラ燃える事は出来ても。
ま、結局“特性に対しての療育を正しく行わないでいるとこういう生き物になる見本市”で
終わりましたし、驚愕と苦労はチビが診断を受けて学び出した時に始まりましたが。
でもお陰様で今のチビの人間形成とこの仕事に繋がったので感謝ですけどねhappy01

この記事はお子さんだけでなく、親も正しい治療を始める必要性を説いています。
子供だけでは本末転倒、と私はHPでも書いていますが、その通りです。
家庭内や仕事先での居場所と対応の知恵が付く事で、大人も生きやすくなるのです。
子供にとってみれば頓珍漢な家庭内より安心安全な家庭の方が精神的にも落ち着き、良い状態でいられる訳ですから、親の方こそ先に安定をさせないといけないんです。

投薬が全てではありません。
一時頼ったとしても、医者の指示の下、軽減や止めることも可能です。
但し、他の自分に合った しっかりしたサポートを定期的に受けられる環境を作ってからです。
特性は一生。

改善(含む抑制) は可能でも消える事はないのですから。
大人で近所との関係が悪いことから事件事故を起こすモノが続いています。
アレももしかしたら、と思わずにいられません。
事実を把握する事は非常に勇気のいる事でしょう。
けれど知れば対処法も分かります。
今は大人こそ勇気を出す時ではありませんか?

 

2013年5月 4日 (土)

生活図を書いてみて!

お子さんの特性に合わせ、色んな療育を受けさせ少しでも自立へ向けた指導が出来るように日々頑張っておられる保護者の皆さん。
良かれと思ってやっている親心ではありますが、場合によっては
お子さんの時間的・精神的余裕を奪っているが為に不適切行動が収まっていない事も多いのですよ。

そんな時書いてみると良いのは生活図。
お子さんを中心に療育機関や学校関係、医療機関などなど書き出してみるとみっちり埋まってしまう方がいると思います。
私にご相談頂ければフォーマットに沿って指導をし、より良い環境作りのお手伝いが可能です。

療育が忙しい=連れて行く親も忙しい。
お互いの気持ちをすり減らしては、折角の療育が強迫観念にしかなりえませんから。
もったいないでしょbearing

ご連絡はHPお問い合わせからご連絡を下さい。
経験者でもあり、沢山のケースを見て来た私だから出来る事があります。

HP

2013年4月 9日 (火)

発達障害啓発週間

昨日8日で終了した発達障害啓発週間。
特にこれといったイベントは何もなく、しいて言えば自閉症啓発Dayである4月2日に、全国の
タワーが青くライトアップされたくらいでしょうか。
知らない人が見たら『青いのもキレイねぇshine』で終わってしまうがなpout

アメリカにいるブロ友さんの所では学校のフェンスに青いプラスチックカップをはめ込み、近隣住人にも訴えているそうです。
“1 in 88”つまり88人に一人は自閉症がいるというメッセージをつけてsign03
ただ本当は50人に一人の割合になっているそうですが…

1in88

                   怪人さん、お借りしましたぁheart04

コレを見た私はじっとしていられなくなり、写真をコピーして手紙に添付し、市長と教育委員会宛に渡して来ました。ええ、郵送ではなく直接行って渡して参りましたsmile   

毎年少しずつ余るPTA会費を使ったって良いではありませんか。
近くに折角ディスカウントストアもあるのだし、市内の小中学校が一斉にやってくれるなら市で纏め買いをしたらすっごく安く上がりますよ。
福祉のまち・越谷を謳うなら、市民に直接訴えかけるこの様な運動をしていくことも必要でしょうsign02 近隣住人の『コレってどういう意味?』という小さな疑問から始まります。理解と認識を深めるように、是非前向きにご検討頂きたい―という内容を。

どのくらい考えてくれるかは分りませんが、小さな疑問や行動から始めても良いのです。
いつか市民が、国民が当たり前の様に発達障害を認識してくれる日が来るのなら。
特性=個人差があるものだから戸惑いや中には毛嫌いする人もいるでしょう。
でも、何より苦しんでいるのが本人なのだと知ってくれるだけでも今よりマシではないでしょうか。
付き合い方云々迄一気に求めてもお互いが反発するだけかもしれませんから。
徐々にで良いのです。
親として、そしてそういう人達に関る者として、私も出来る事からやっていきます。